NIKKEI BizTarget

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

ログイン

会員登録

 製造業におけるPLM(製品ライフサイクル管理)の重要性は、既に10数年以上も前から指摘され、それなりに導入が進んできた。しかし、ビッグデータやIoT時代を迎えた現在では、当然ものづくりのビジネスフローも急速に複雑化している。成形加工、組み立て、エレクトロニクス、ソフトウエア、マニュアルやIoTに至るまで、すべてが関連した“製品の複雑化”が問題になっている。従来の3DCADデータ管理だけに注力するPLM製品では対応ができないのが現状だ。

 そこでPLMに求められているのが、3DCADのエンジニアリングを超えたより多くの部門も製品ライフサイクル全体に関与し、ビジネス全体を効率化する視点だ。例えば、プロセス重視のビジョンやMBSE(モデルベースシステムズエンジニアリング)などである。これにより、製品設計・開発に始まるものづくりに、一貫性を持たせる管理がしやすくなり、複雑な製品をグローバル環境で生産できるようになる。新たな時代における最適なPLMを実装するためにはどうすべきか。産業アナリストの調査結果なども踏まえた以下の詳細レポートを参考にしていただきたい。

おすすめ資料

ここから先はBizTarget会員の方のみ、お読みいただけます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。