• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

LED照明はスマートライティングの時代へ、効率性・経済性がアップ

 LED照明が普及してきた。これまでは発光効率や製造コスト、輝度、演色性などで既存のランプを超えられなかったが、徐々に改善が進んでいる。主な用途は、白熱灯、蛍光灯をLEDランプに置き換えることで、消費電力を下げることが求められた。今後、LED照明はセンサーとの組み合わせによってもっと賢くなる。

 白熱電球や蛍光灯などと決定的に異なるのは、スイッチに対する応答性がいいことだ。これとセンサーの組み合わせで即時に反応するライトが完成する。特にクルマ向けのヘッドライトやテールランプに採用されており、前方車両や対向車、人などに合わせて、光の方向や輝度、照らす対象を可動部なしに制御することができる。欧州ではクルマのライトはハイビームのまま運転するが、LEDならセンサーと組み合わせ、対向車のドライバーだけロービームに落としまぶしくないようにすることも可能だ。

 クルマ以外の用途として、例えば数百台のドローンに取り付けた大きめのLEDで夜空に絵や模様を描く、デジタル花火の実験例も出ている。これからはLEDを使ったスマートライティングによって、光を自在に制御する応用が広がるだろう。そのための素子や設計といった情報収集が求められる。

おすすめ資料

ログインすると、資料が閲覧できます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

あわせて読みたい