• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

インダストリー4.0は一日にしてならず、スマートファクトリー事始め

 「スマートファクトリー」はファクトリーオートメーション(工場の自動化)の延長上にあって、ドイツのインダストリー4.0に代表される第4次産業革命を意識した製造業の生産性を向上させる取り組みである。

 ここで利用される技術としては、IoT(モノのインターネット)を使った品質管理、画像認識を備えたロボットによる高度な自動化、製品開発からBOM(部品表)まで幅広く扱うPLM(製品ライフサイクル管理)、3Dデータを使った製造機械の配置や干渉チェック、制御プログラムのシミュレーション、AIを使った製造予測やリソース最適化--などと幅広い。

 これらの技術が目指す究極の世界は、インダストリー4.0の「サイバーフィジカルシステム」だ。これは現実のモノが生み出される流れとサイバー空間の3Dモデルが相互に対応しながら、製造工程の見える化や制御・最適化が行われる環境を構築するものだ。

 しかし、「サイバーフィジカルシステムは一日にしてならず」である。まずは現場のデータを地道に収集し、できるところから3Dデータを活用していくことが求められる。特集ではその代表的なソリューションを紹介している。

おすすめ資料

ログインすると、資料が閲覧できます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

あわせて読みたい