• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

「デジタルスレッド」を知らずして「デジタルツイン」を語るなかれ

 インダストリー4.0(第4次産業革命)やスマートファクトリー(考える工場)など次世代のものづくりを支える重要なテクノロジーとして「デジタルツイン」がよく知られている。2002 年にミシガン大学の Michael Grieves 教授が作った概念で、製品や設備など現実世界の「モノ」をデジタルの世界に再現。不具合や故障などを仮想空間上で忠実にシミュレーションできる「デジタルの双児」を意味する。

 その後、IoT(Internet of Things)で「モノ」がインターネットに「つながる」時代になると、「モノ」の双児を作り出す「デジタルツイン」だけでなく、設計、製造から保守サービスに至る製品のライフサイクル全体までをもデジタル化してプロセスのトレーサビリティを実現する「デジタルスレッド」が実現できるようになっている。元来、「デジタルツイン」を"モノの3D可視化"とだけ考えるのは誤解である。「デジタルツイン」に「デジタルスレッド」が合わさってこそ、本来の意味での「デジタルツイン」であり、将来的に発生する不具合などを予測する理想的なPLM(product lifecycle management)が実現する。今回、そのソリューションの一例として、"成功するデジタルツイン"を掲げるアラスジャパンのPLMプラットフォーム「Aras Innovator」を紹介する。

おすすめ資料

ログインすると、資料が閲覧できます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

あわせて読みたい