• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

解説

IoT時代に注目される“デジタルツイン”を成功に導く4つのポイント

アラスジャパン

2017/11/22

資料の紹介

 今、世界中で「デジタルツイン」が注目を集めている。デジタルツインはいわば、現実世界のモノやそれらのつながりをデジタルで表現した“双子”。現実のモノに将来発生しそうな事象をデジタルの世界で予測することで、製品に新しい付加価値を生み出そうという仕組みである。

 デジタルツインでは製品の使用中に発生する「生の使用状況データ」をシミュレーションに利用する。これにより例えば、不具合の発生を未然に予測して対策を打つといったことが可能になる。だが、デジタルツインの用途については誤解もあり、いまだに製品や施設・設備の物理的な形状だけを模した3Dデータという認識で語られることも多い。

 本資料では、デジタルツインとは何か、なぜ必要とされているのか、よくある誤解、留意すべき点などを解説したうえで、デジタルツインで成果をあげるために必要な要素を提示する。デジタルツインは、設計から製造、保守に至るまでの製品に関わる一連のデータ群を扱うための概念であり、「モノ」のデジタルの双子だというだけでなく、それらを「つなげる」部分にも意識を働かせる必要がある。

ログインすると、資料が閲覧できます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

あわせて読みたい