NIKKEI BizTarget

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

ログイン

会員登録

解説 ADLINKジャパン

第4世代Intel Coreプロセッサ搭載 COM Expressのスペックシート

2015/12/10

資料の紹介

ADLINKジャパンの「Express-HL」第4世代Intel Coreプロセッサ搭載のCOM Expressタイプ6モジュールのスペックシート。プロセッサは、インテル第4世代のプロセッサCore i7/i5/i3、およびCeleronを搭載したモデルがある。大容量のメモリーや外部インターフェースが充実しており、堅牢設計になっている。最新スペックで組み込みシステムを開発する案件には必須の情報だ。

第4世代Intel CoreプロセッサCore i7/i5/i3、およびCeleronを搭載したボードコンピュータは、ベーシックサイズで、搭載CPUによって8種類のモデルがある。最大16Gバイトの大容量メモリーに対して、デュアルチャンネルDDR3L、1600MHzでアクセスする。さらにI/Oやグラフィックスなどのインターフェースは、DDIポート、DP/HDMI/DVI、PCIe、GbE、SATA 6Gb/s、USB3.0、USB2.0など豊富にそろえている。

省電力機能は、ACPI4.0に準拠したスマート・バッテリーをサポートし、x86系の省電力モードに対応するなど十分な機能を備えている。堅牢設計で、動作温度も−40℃〜85℃(オプション)と幅広く、どんな環境にも耐える。スペックシートには、ブロック図でファンクションダイアグラムも掲載している。

ここから先はBizTarget会員の方のみ、お読みいただけます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。