NIKKEI BizTarget

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

ログイン

会員登録

解説 シーメンスPLMソフトウェア

製品の市場投入期間を15%も短縮した中国家電大手Haierの取り組みを解説

2017/03/15

資料の紹介

 刻々と変化する市場ニーズに的確に追随するために新製品の開発期間を短縮することは、多くの機器メーカーにとって大きな課題の一つだ。ところが最近では市場ニーズの多様化が進んでいることから製品開発にかかる負荷は一段と増える方向に進んでいる。これらの大きな課題の解決に挑み、注目すべき成果を出したのが白物家電大手の中国Haier Groupである。同社の取り組みと成果を分かりやすくまとめたのが、この資料だ。

 Haier Groupの製品群は96種類のカテゴリに分かれ、製品の仕様は1万5000種類を越える。これほどまでに仕様が増えたことで、部品やテクニカル・ドキュメントの数が急増。部品情報の適切な管理も難しくなっていた。これが原因で、品質管理、製造、購買など様々なものづくりの局面で問題が浮上していたという。

 ここで提供する資料では、シーメンスPLMソフトウエアが提供するPLMテクノロジーを利用して、Haier社がそれらの課題の解決に取り組んだ経緯や成果などを具体的に解説している。製品開発プロセスの効率化を図ることで、市場競争力強化を目指す機器メーカーには見逃せない資料だ。

ここから先はBizTarget会員の方のみ、お読みいただけます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。