NIKKEI BizTarget

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

ログイン

会員登録

解説 トリナ・ソーラー・ジャパン

都市景観や住宅デザインを損なわない太陽電池モジュールが登場

2017/04/28

資料の紹介

 観光地や歴史的な建物、街並みなどの美しい景観を保護するため、景観条例を制定する自治体が増えている。ところが、環境意識の高まりなどから太陽電池モジュールを屋根などに取り付けようとしても、光沢や反射が景観に影響することから、規定の対象になってしまう。条例に直接の関係がなくても、周囲の美観や住宅のデザイン性を考慮すると、今の太陽電池モジュールはデザイン面で選択肢が限られるのが現状だ。

 そんなニーズに配慮して、トリナ・ソーラー・ジャパンが景観を損なわない太陽電池モジュール「Honey M Plusブラックモジュール」をリリースした。

 本資料は、各地で景観を保護するためにどのような規定が設けられているのか、その事例と、規定をクリアするための「Honey M Plusブラックモジュール」の製品特性が示されているほか、住宅のデザイン性を重んじるユーザーニーズへの対応にも触れられている。

ここから先はBizTarget会員の方のみ、お読みいただけます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。