NIKKEI BizTarget

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

ログイン

会員登録

解説 キーエンス

3Dプリンターの造形物は何ができて、どこまで使えるのか?

2017/07/10

資料の紹介

 あのブームから数年が経過しようとしている3Dプリンター。「何でも作れる魔法の箱」と紹介されていたあの頃から、少しずつではあるが、3Dプリンターの本来の使い方が市場に浸透しはじめている。

 もちろん、これまで作れなかったようなものを製造できるようになれば、3Dプリンターの存在感は大きく向上する。しかし、現在の造形プロセスのままでは、クオリティー、コスト、時間のすべての面で市場の要求に応えることは残念ながら難しい。

 本資料は、このような3Dプリンターの夢と現実のギャップを認識したうえで、試作品の製作手段として、3Dプリンターにどのような要件を求められるかを検討している。造形のための「材料」と「方式」の両面から、透明素材、ゴム素材、精度と強度などのトピックスを解説している。商品開発の期間短縮を目指す技術者には、一読してもらいたい資料である。

ここから先はBizTarget会員の方のみ、お読みいただけます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。