NIKKEI BizTarget

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

ログイン

会員登録

解説 富士通フロンテック

店舗の現金管理、クラウド型サービスでリスクヘッジと効率化を実現

2017/06/28

資料の紹介

 店舗の業務で必須な現金の取り扱い。店員は売上金の勘定や釣り銭作成などの作業に追われており、現金事故のリスクは一向に減らないのが現実だ。店員が現金に触れる機会を減らし、現金管理の堅牢化や効率化は、どんな店舗でも共通の課題である。

 こうした現金管理の課題を解決するために、クラウド型の現金管理運用サービスが登場している。現金の取り扱いは専用の入出金機を使い、入出金機のデータをクラウド上のセンターで管理。POSデータとクラウドが連携することで一元管理を可能にする。手作業での売上金の勘定や釣銭作成といった業務を減らすことができる、クラウド時代ならではの現金管理の新しい手法といえる。

 本資料では、現金を取り扱う量販店、ガソリンスタンド、ブライダルといった業界の店舗に向けた、クラウド型の現金管理運用サービスを紹介している。手軽で高度なセキュリティ対策はもちろん、釣銭のリサイクルや入出金機データを活用した売上金の立替送金サービスなど、業務に直結する機能を備えたクラウド型の現金管理運用サービスのメリットを、本資料をダウンロードして感じ取ってほしい。

ここから先はBizTarget会員の方のみ、お読みいただけます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。