NIKKEI BizTarget

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

ログイン

会員登録

解説 オン・セミコンダクター

産業用IoTシステム構築のためプラットフォームと開発キットの選び方

2017/08/01

資料の紹介

 スマートビルディング、スマートシティ、産業オートメーション、医療システムといった産業用情報システムの分野では、IoT(モノのインターネット)を活用して、さらなる高度化を目指す動きが加速している。ビジネスの動きやインフラの運用状況に関して、ありのままの状況をセンサーで察知し、分析結果に応じて様々な機器を最適運用する。これによりビジネスや社会活動の効率化、故障や不具合の未然防止を実現しようとする動きである。産業用IoT(IIoT)関連のサービスや機器の市場規模は、2022年には1950億米ドルに達するという予測もある。

 IIoTシステムのエッジ側(機器側)には、クラウドと連携する「接続技術」、状態や動作状況を検知する「センサー技術」、分析結果を生かして機器や設備を駆動する「アクチュエータ技術」の3つを盛り込むことになる。これらの技術は、それぞれに多様な選択肢がある。IIoT対応のエッジ側の機器や設備を効率的に開発するため、柔軟性の高いプラットフォームが求められる。

 オン・セミコンダクターは、そのためのIoT開発キット(IDK)を提供している。IDKにはどんな豊富な選択肢を容易しているのか。本資料では、IIoTシステムの市場動向と、エッジ側の開発における技術的な課題、その解決策としてのIDKの概要を解説している。IIoT対応の機器や設備を開発して、新しい価値を持った産業用情報システムの創出に携わる技術者は、ぜひとも目を通しておきたい資料である。

ここから先はBizTarget会員の方のみ、お読みいただけます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。