• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

解説

製造業の共通の悩み「教育」の課題を解決する現場カイゼンツールとは?

ブロードリーフ

2017/09/21

資料の紹介

 生産・製造現場では、人材への「教育」が今後の企業の生き残りのための大きな課題になっている。団塊世代の熟練作業員の退職に伴い、ノウハウの伝承は急務となる。しかし、ベテランであるほど作業員は教えることに慣れていない上に、企業としても体系立てた教育体制の整備が遅れている場合もある。そんな教育状況では、生産性向上や働き方改革が求められる今後の社会情勢に対応することができない。

 教育の「カイゼン」はどのように進めたらいいのか。まず、カイゼンによる成果の目標をどのように定め、目的達成を妨げている課題を洗い出して対応策を作成する。次に対応策に従ったマニュアルを作って教育し、現場での実践を経て、効果を検証した後に次の課題を精査する。こうした教育における仮説検証のサイクルを定期的に回すことで、旧来型の見て覚える教育から、体系立てたマニュアルなどによる平準化した教育が可能になる。

 しかし教育のカイゼンの仕組みを自社で一から作るのは、製造業などでは現実的ではない。そこで注目したいのが、IE(Industrial Engineering)の手法を用いた現場カイゼンのツールだ。映像による動作分析、時間分析などの機能により、生産・製造現場の作業時間短縮・省力化・コスト低減をサポートする。こうしたツールを使うことで、まずは教育カイゼンを効果的に短期間で推進し、生産性向上などの目標達成への道をいち早く進むことができる。現場カイゼンのツールを使った教育カイゼンの事例が紹介されている本資料は、企業内教育に悩む製造業の担当者にとって必見といえる。

ログインすると、資料が閲覧できます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

あわせて読みたい