• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

解説

ITコストの70%を占める保守費用を削減する方法とは?

フィールドワン

2017/09/27

資料の紹介

 米国の調査会社によると約8割の企業が、5年ごとにシステムのリプレースを繰り返しているという。まだ使えるのにと思いつつ、メーカーの保守期限や不本意なタイミングでのリプレースを実施せざるを得ないのがシステム部門の苦しいところだ。企業のIT予算は平均72%を保守に費やしており、少しでもリプレース回数を減らすことで、IT予算を削減することができる。また、削減できた予算をデジタルイノベーションを起こすための新規システム開発に振り分けられれば、IT部門の士気も高まることだろう。

 本資料は、35年にわたってシステムの保守運用サービスを請け負ってきたフィールドワンが、延命保守によってリプレース回数を減らし、コストを削減する方法について解説している。中には30年以上もシステムが延命されている例もあるという。オンサイト保守サービス、パーツ供給サービス、センドバック保守サービスなど柔軟なサービスメニューを備え、どのような業界でどの程度の採用実績があるかなどが、紹介されている。

ログインすると、資料が閲覧できます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

あわせて読みたい