• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

解説

工場はなぜ狙われる!?工場視点で見たランサムウエアの脅威とその対策

トレンドマイクロ

2017/09/20

資料の紹介

 2017年春、世界中に衝撃を与えた「WannaCry」--。IoTやインダストリー4.0 の普及に伴い、ネットワーク接続が今後増える「工場」などの現場では、WannaCryに限らず、ランサムウエア(身代金要求型不正プログラム)の脅威が深刻化している。

 実際に、ブラジルのある家具工場では、HMI(Human Machine Interface)がランサムウエアに感染し、15日間も操業停止する事態が発生。日本でも、大手自動車メーカーで生産ラインの制御システムを扱う古いPCが攻撃を受け、一時的な稼働停止に追い込まれた。たとえ自社工場で被害がなかったとしても、サプライチェーンを構成する他社の工場に被害があれば、部品調達などに問題が生じ、間接的に生産活動に影響を与えてしまう。ランサムウエアはまさに、製造部門で最も重要視される「安定稼働」を妨げる脅威なのだ。

 こうした脅威に対し、工場への対策をどのように行ったらよいのだろうか。トレンドマイクロによれば、工場への対策は3つのステップに集約されるという。本資料では、こうした既存施設に対する現実的な対策方法を解説している。

ログインすると、資料が閲覧できます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

あわせて読みたい