• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

解説

広告効果ありとユーザーが評価するARアプリとは

スターティアラボ

2017/11/22

資料の紹介

 雑誌や新聞、テレビなど、これまで広告に効くとされてきた媒体が縮小傾向にある。それらに代わって台頭してきたのがインターネットで、特に注目を集めているのがスマートフォンである。スマートフォン上では、動画や音楽、URL、3Dなどの多様なコンテンツが扱える。

しかし、どのようにしてユーザーにリーチすればいいだろうか。

 その答えのひとつがAR(拡張現実)アプリだ。商品パッケージやパンフレットなどに印刷したマーカーに対してスマホをかざすと、データがダウンロードされ、ARコンテンツを表示する仕組みだ。3Dを利用すれば商品をさまざまな角度から眺めることができる。

ネット広告は不特定多数の人に対して広告を表示し、リンク先にジャンプしてもらう必要があるが、ARアプリは顧客がいま手にしているモノからスマートフォンを使って商品情報に直接ジャンプする。

 本資料は、ARアプリを使った体験のあるユーザーのARに対する意識調査の結果を分析したものである。ARアプリをダウンロードした理由から利用頻度、効果などについて説明。その結果から広告媒体としてのARアプリの有効性を解説している。

ログインすると、資料が閲覧できます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

あわせて読みたい