• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

解説

エビデンスベースのリスク管理を実現するデジタルアーカイブとは?

ワンビシアーカイブズ

2017/11/22

資料の紹介

 企業が製造責任を果たすためには、あらゆるデータのアーカイブが必要になる。サプライチェーンが複雑化している現代では、自社の検査結果を保存しておくだけでは十分とは言えない。サプライヤーから提供された原材料・部品の受入検査結果や、やり取りの記録が重要になるケースもある。

 一方で、データの保存期間の長期化も進む。PL法(製造物責任法)の賠償請求権の時効は10年だが、さらに長期にわたり使われる製品もあり、企業はその要請にも応えなければならない。データの大容量化と保存期間の長期化が進むなか、保存にかかるコストや管理方法の適正化は、企業にとって重要な課題になっている。

 本資料では、企業が抱えるこうした課題の解消策の一例として、大容量データを長期保存し、必要に応じてすぐに利用できる「デジタルアーカイブ」サービスを紹介する。テープメディアを使用することで、コストを抑えると同時に、確実な長期保存も実現。管理者とユーザーの負担を抑えた運用が可能という。

ログインすると、資料が閲覧できます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

あわせて読みたい