• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

解説

NXPセミコンダクターズが需要管理に選んだS&OPソフト、その選択理由と成果

ダッソー・システムズ

2018/05/16

資料の紹介

 厳しい経営環境が続く中、企業の関心は、モノの流れを管理するサプライチェーンから、収益の最大化を目指す「S&OP(Sales and Operations Planning:販売操業計画)」へと移りつつある。半導体大手のNXPセミコンダクターズもそんな1社である。同社はかつて、需要変動が激しく予測の難しい半導体業界で、複雑な需要管理と意思決定の難しさに苦しんでいた。

 当時稼働していた計画システムでは、予測の作成・変更に必要な情報が得られなかったため、需要管理担当者は、どの予測が最善の結果につながるのか、どの製品に集中すべきかを特定できなかった。加えて、情報が複数のスプレッドシートに分散していたために最新予測の全体像を把握できず、予測精度を継続的に改善することもできなかった。

 本資料では、こうした課題を解決するためにNXPセミコンダクターズが選んだS&OPソリューションについて、導入までの経緯と選択理由、導入後の成果を紹介する。スプレッドシートやERPシステムとは根本的に異なり、販売、マーケティング、財務、運用に影響する様々な要因を包括的に「見える化」することで、予測精度に関する改善サイクルも回せるようになったという。

ログインすると、資料が閲覧できます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

あわせて読みたい