• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

解説

GPSから無線LANまで、多様化する自動車の通信環境を効率よくテストする方法

Averna Technologies Inc.

2018/05/30

資料の紹介

車載システムの通信環境は大幅に多様化している。従来からあるラジオに加え、位置情報を得るためのGPSはもちろん、LTE、無線LAN、そしてBluetoothと対応すべき通信規格が増えてきた。こうした機能を搭載した車載システムをテストする手順も複雑化しており、それらに対応するハードウエアやソフトウエアが増え、装置の管理や場所の確保などが困難になりつつある。さらに世界共通のテスト要件をクリアして、北米、欧州など地域固有のテスト要件もカバーしなければならないという課題もある。

多様化する課題をクリアし、効率的な試験環境を実現するには、あらゆる無線電波やナビゲーション信号に対応できなければならない。そして今後、バージョンアップされたり、新規に登場したりする各種規格を取り込む柔軟性も必要だ。もちろん小型で生産ラインやテスト車両に設置でき、さらに耐久性のある計測ハードでなければならない。

本資料では、自動車に関わる全ての通信環境を効率よく試験するための「RF(radio frequency)信号源」を紹介。測定の自動化、小型で耐久性のあるハード、共通のテスト要件と地域固有のテスト要件の両方をカバーするテストプラットフォームなど、特長や使用例、その成果について詳しく解説する。

ログインすると、資料が閲覧できます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

あわせて読みたい