組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

調査資料

オートメーションテクノロジーを導入した企業の業績や従業員はどう変わる?

オートメーション・エニウェア・ジャパン

2019/03/13

資料の紹介

 仕事の中でも、特に作業と呼ばれるものをRPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)やAI(人工知能)といったオートメーションテクノロジーに肩代わりさせた場合、企業やそこで働く人たちに今後どのような影響を及ぼすのか。

 オートメーションテクノロジー導入を考えるうえで、注目すべき調査の結果が発表された。すでにオートメーションテクノロジーを活用している企業のうち、日・米・英・印の4か国、金融・保険・製造の3業種のグローバル企業(従業員1,000名以上)の経営層に対してアンケートを実施し、結果をまとめたものである。

 調査結果は、オートメーションテクノロジーを導入した企業では、職場の人間らしさが向上し業績にプラスの影響があるということだ。人間とロボットは世界中のあらゆる業種で連携しており、これまで想像していなかった効率性とイノベーションが創出されつつあるという。

ログインすると、資料が閲覧できます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

あわせて読みたい