組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

事例

クラウド導入でコストと時短を実現、納期を従来の約半分、売上は約2倍に

Fleekdrive

2019/11/13

資料の紹介

 あなたの会社は情報共有の仕組みがきちんと構築されているだろうか。情報共有は、仕事を進めるにあたって社内のスタッフや他部署、さらに社外の顧客や協力会社などと業務を進める際に欠かせないもの。しかし、その共有の仕方が「紙の資料をFAXする」「ファイル添付した電子メールを送信する」であった場合、情報は共有できるかもしれないが、正確性や迅速性、安全性といった点で課題が残る。

 特に企業が取り扱う情報については、誰が誰とどのようなファイルをどのようなレベルや方法で共有したかが把握できるようにしておくべき。そういう点から考えてみても、企業における迅速かつセキュアな情報共有の仕組みづくりは必要といえよう。

 電子メールやFAXに依存している、まだ情報共有の仕組みが確立されていないといった企業にぜひおすすめしたいのが企業向けに開発されたクラウド型のファイル共有サービス。クラウドであるため低コストで利用でき、利便性の高いファイル共有、文書管理、処理の自動化といった多彩で柔軟な機能が使えるなど、幅広い業務に対応する。

 本資料はファイル共有サービスを導入により、コストと時短を実現し、納期短縮と売上アップを実現した導入事例を紹介。社内だけでなく社外の人々とも安全かつ迅速な情報共有を実現できるサービスで業務改革を進めてもらいたい。

ログインすると、資料が閲覧できます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

あわせて読みたい