• ビジネス
  • xTECH
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

「働き方改革」の推進にソフトウエア型ロボットRPAが活躍する

 「働き方改革」や「少子高齢化による労働力不足」に注目が集まる中で、期待を集めているのが「RPA(Robotic Process Automation/ロボティクスプロセスオートメーション)」。別名「デジタルレイバー(仮想知的労働者)」とも呼ばれ、データや書類のチェック、必要な情報をデータベースから検索するなど、これまで人間が担ってきた定型作業をミスなく、休まずにこなしてくれる。人間が端末から利用しているアプリケーションの操作をシナリオとして学習し、その操作を自動化するロボット型ソフトウエアも登場している。

 自社へRPAを導入するための第一歩は適したツールを選別することにあるが、その導入プロジェクトは必ずしも簡単には進まないようだ。その一因に、RPAが業務改善のための「システム」として捉えられるため、プロジェクトを情報システム部門が担当するケースが多いことがあるようだ。実際にRPAが担当するのは、人の業務の代行であるため、求められる発想は「人事」に近い。特集では最適なソリューションを紹介する。

おすすめ資料

ログインすると、資料が閲覧できます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。