• ビジネス
  • xTECH
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

EDRの導入でエンドポイントセキュリティ対策を「防御」から「攻め」へ

 高度化するサイバー攻撃への対応策や、SOC(Security Operation Center)/CSIRT(Computer Security Incident Response Team)といったセキュリティ専門組織が危機に対処する手段として、EDR(Endpoint Detection & Response)によるエンドポイントセキュリティ対策が注目されている。背景に、ランサムウエアや標的型攻撃など、企業内の端末(エンドポイント)を狙う脅威が日々進化を続けていることがある。これまでのセキュリティ対策は、既知の攻撃に対して防御力を持つテクノロジーであり、インシデントへの対応のレスポンスにも時間がかかっていた。また、ファイルレスのマルウエア攻撃など、新しい脅威が日々登場しているため、従来型のアンチウイルス製品では対応が困難になっている。

 そこで、端末をリアルタイムで監視して脅威を検知し、防御を突破した脅威を把握、可視化してインシデントを封じ込めるEDR製品が数々登場している。特集ではその代表的なソリューションを紹介する。

おすすめ資料

ログインすると、資料が閲覧できます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。