NIKKEI BizTarget

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

ログイン

会員登録

 顧客情報、取引情報、商品情報、在庫情報など様々なデータを有効に活用できるかどうかが企業業績を大きく左右する。ビッグデータ活用やIoT(モノのインターネット)が現実味を帯び始め、日ごろの企業活動で発生するデータの重要性は高まる一方だ。

 にもかかわらず、データを十二分に活用する体制を整えていない企業が少なくない。データベースを導入していても、そこには企業経営で生じるありとあらゆるデータを収集・保存しているわけではない。しかも、データベースに保存したデータを企業経営に活用するにはデータ分析の専門家に依頼する必要がある。日ごろの企業活動で生じるデータを誰でも業務に生かすことが難しい。

 こうした課題を解消する切り札としてExcel活用ツールが集めている。Excelは最も利用されているアプリケーションの1つである。誰もが日常的に使うため、Excelファイルにはデータベースに収録していないデータも保存されており、日々の企業活動で発生するデータを収録している。Excel活用ツールを使い、データベースや基幹システムと連携することで、データを通して経営の実情がこれまで以上に正確に把握できるようになる。

 Excel活用ツールが注目を集める理由はそれだけではない。Excelならプログラミングの経験がなくてもシステムを作ることができるので、Excel活用ツールは従業員一人ひとりにデータを分析できるBI(ビジネスインテリジェンス)環境を提供する。データ分析はこれまで専門家の手を借りるため、経営陣や管理職などに限られていたが、従業員なら誰でもそれぞれの業務に合わせた最適なデータ分析を気軽にできるようになる。

 データを基に的確な策を導き出し、素早く行動に移す「データドリブン経営」はライバルとの競争に打ち勝つ切り札といわれている。その第一歩を踏み出すものとしてExcel活用ツールは欠かせなくなってきた。

おすすめ資料

ここから先はBizTarget会員の方のみ、お読みいただけます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。