NIKKEI BizTarget

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

ログイン

会員登録

 これまでの企業におけるビジネスのIT化の取り組みは、ERP(統合基幹業務システム)の導入などにより、業務プロセスを可視化し、全体最適させることで「業務のムダを省く」という方向性で適用されてきた。しかし、近年では、売り上げの拡大や収益向上など「企業競争力を高める」という着眼点にシフトしている。

 これまでの人事や給料といった基幹系システムへの適用のみならず、戦略系システムでも業務を可視化し、企業競争力を高めようという動きを支援するのが、BPM(ビジネス・プロセス・マネジメント)である。BPMへの取り組みは、事業の透明性やガバナンスを徹底、リスク管理、BCP対策にも有効だ。

 こうした着眼点のもと、BPMツールやコンサルティングサービスも進化している。業務プロセスの可視化を始めるために必要なものをパッケージ化した「可視化スターターパック」の登場や、現場主導で可視化や改善が行えるよう、ボトムアップにこだわった国内製の BPM 製品が存在する。またワールドワイドに事業展開をするような大企業向けには、ツールはもちろんのこと、導入企業に最適化させる方法論を重視したコンサルティングサービスとの組み合わせソリューションもある。

 単に業務のムダを省くだけでなく、BPM展開でどのようなメリットがあるのか。各社の詳細資料を参考にしていただきたい。

おすすめ資料

ここから先はBizTarget会員の方のみ、お読みいただけます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。