• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

業務の見える化から改善までをサポートする今どきの「BPM」とは

 働き方改革が国を挙げて叫ばれる中、仕事の進め方や業務オペレーションの見直しに取り組む企業も多い。市場環境の変化などから業務効率の向上を求められるケースも日常化し、業務改善は継続的に実施する必要性が高まっている。こうした中、業務プロセスを効率化して働き方の変革をIT面からサポートするツールとして着目したいのが、「BPM(ビジネスプロセスマネジメント)」ツールだ。

 BPMを効率的に実施するには、業務の見える化や改善案の策定、PDCAサイクルを回した継続的な改善など、多くの作業が発生する。これらの作業を効率的に進め、業務改善をスムーズに進めるためにITを活用したBPMツールが役立つ。業務のデジタル化による可視化や分析によって、ワークフローの改善や効率化、自動化を進めることができるのである。さらにBPMの1つの先端的な手法として、ソフトウエア的な「ロボット」に繰り返し作業などを実行させる「RPA(Robotics Process Automation)」も業務改革に有効に活用できるようになっている。

 働き方改革や業務プロセスの改善を具体化するには、BPMなどのITツールの現在のトレンドを知り、実際にBPMツールを利用している企業・団体の実例などから学ぶことが近道だろう。BPMツールを活用した新しい働き方の姿や、業務改善の実際の様子を、本特集の資料からひも解いてみよう。

おすすめ資料

ログインすると、資料が閲覧できます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

あわせて読みたい