NIKKEI BizTarget

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

ログイン

会員登録

解説 DNPハイパーテック

技術やノウハウの結晶が自社ソフト経由で流出するのを防げ!

2016/12/14

資料の紹介

 ソフトウエアのリバースエンジニアリングは、単にソフトウエアを複製される脅威だけでなく、そこに込められている独自の技術やノウハウが流出する脅威が、メーカーにとっては重大である。

 例えば、心拍信号から心臓病を割り出すアルゴリズムの漏洩や、スマホゲームで不正をするチート行為、ほかにも様々な製造装置の制御がオープンプラットフォームで動くようになって、技術やノウハウの流出は無視できない事態となっている。ソフトウエア開発キットには、通常リバースエンジニアリングを防ぐための機能が組み込まれているが、実は単に難読性を高めるだけのお粗末なものが多い。

 本資料では、製造業におけるソフトウエアが、逆アセンブラや逆コンパイラによって解析される脅威を詳細に分析する。さらに解決策の1つとして、DNPハイパーテックが提供するリバースエンジニアリング防止ソフト「CrackProof」が、いかに本格的な技術を使っているか、その優位性が分かる。これを読めば、ソフトウエア開発でリバースエンジニアリング防止ソフトの出来具合を調査したくなることだろう。

ここから先はBizTarget会員の方のみ、お読みいただけます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。