NIKKEI BizTarget

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

ログイン

会員登録

解説 ラティス・テクノロジー

生産設備の入れ替え作業に福音、3Dモデルの活用ソリューション

2017/02/01

資料の紹介

 新製品の生産ラインをいかに短期間で構築できるか――。あらゆる製造業に共通する課題と言っても過言ではない。実際には、装置搬入搬出の際に隙間を通れなかったり、装置を動かすときに可動範囲を確保できず干渉したりというトラブルも意外と多い。

 さらに、当時の設備の図面が無かったり、図面はあるが日々現場では改善を行っているため、現状との乖離・差異が起きている事もあり、最近では3D点群計測器の導入が進んでいる。

 ラティス・テクノロジーでは、3D点群計測器で取得した点群データと、設計の3Dモデルを活用した生産設備検証ソリューションを提供している。同社の方法は、3D点群計測器により瞬時に測定した点群データと、独自開発の超軽量3D技術「XVL」を統合した3Dによる事前検証を実施するものだ。

 本資料ではそれらの生産設備検証の手法を解説している。製造現場の企画担当者はぜひ一読することをお勧めする。

ここから先はBizTarget会員の方のみ、お読みいただけます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。