NIKKEI BizTarget

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

ログイン

会員登録

解説 キーサイト・テクノロジー

5G標準化の前に求められる測定評価システムとは

2017/02/03

資料の紹介

 現在第4世代移動通信システム (LTE/LTE-Advanced)が普及しつつあるが、早くも業界は第5世代(5G)システムに向けて、製品開発を進めようとしている。いまだ標準化が固まっていない段階であるため、今日の5G研究には様々な波形、周波数、帯域幅を検討する必要がある。例えば、6GHz未満の周波数だけでなくマイクロ波/ミリ波周波数の波形も検討する必要があり、さらに、波形の中には広い帯域幅を伴うものもある。このような事情により、5G信号を作成/解析する際には新たなテスト課題が生じるので、今日の5G研究には測定評価システムに柔軟性が求められる。

 本資料は、キーサイト・テクノロジーが提供する5G波形の発生/解析に使用できる新しい柔軟なソリューションの技術資料であり、5Gではいったい何を計測し、何を評価・分析していくのか、そのポイントが示される。このソリューションはソフトウエアとテスト機器を組み合わせたもので、最新の5Gアプリケーション用の「カット&トライ」シナリオを検討したり、5G波形と4G波形の共存シナリオを検討したりと、様々なケーススタディーを紹介している。

ここから先はBizTarget会員の方のみ、お読みいただけます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。