NIKKEI BizTarget

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

ログイン

会員登録

事例 PTCジャパン

部品共通化率向上、PFUの成功事例に学ぶPLM課題解決術

2017/03/28

資料の紹介

 競争力を備えた製品を短期間で開発するためには、場当たり的な開発体制では限界がある。多品種少量生産へのシフトが進む生産現場の課題解決には、企画から設計、生産、保守といった製品のライフサイクルを統合管理する「PLM(製品ライフサイクル管理)」の導入が欠かせない。しかし、むやみに導入したからといってそれが成功するとは限らない。

 本資料では、イメージスキャナーや産業用組込みコンピュータなどを手がけるメーカーのPFUが、PLMツールを導入して、製品開発に関する課題解決を目指したことが紹介されている。提供されているPLMツールは、技術文書やCAD/CAEといった製品設計情報や、BOM(Bill of Materials、部品表)などのデータを保持し、検索および表示、解析が可能だ。

 システム導入では、設計情報や部品情報などの情報を一元的に扱う必要が生じ、多くの困難が立ちはだかった。その後の段階的なPLMへの情報一本化により、現在までに業務効率向上や部品共通化率の向上といった数値で確認できる効果を得ている。この事例資料をダウンロードして、PLM導入から活用にかけての勘所をチェックしていこう。

ここから先はBizTarget会員の方のみ、お読みいただけます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。