NIKKEI BizTarget

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

ログイン

会員登録

事例 PTCジャパン

ヤンマー、稲収穫機械の3万点部品の一部を海外設計に任せる3DCADシステム

2017/04/12

資料の紹介

 ディーゼルエンジンを中心に農業機械、建設機械などを製造版売するヤンマー。同社はグローバル化を進める上で、3DCADシステムが重要な役割を担ってきた。水田稲作の田植え機、コンバイン(稲収穫機)は、主要部品こそ日本で設計するが、それ以外は海外の現地ニーズを取り入れ、現地で設計される。コンバインでは全部で3万点もの部品があり、これらをグローバルで取りまとめ、組み合わせて、製品開発や製造へ結び付けるには、“3D文化”を定着させることが不可欠だった。

 本資料は、PTCによって提供されたヤンマーへの3DCADシステムの導入事例記事である。導入への苦労話はもちろんであるが、終始一貫した戦略の中で、3DCADの導入がグローバル戦略につながるという信念で進めていることが分かる。設計、製品開発に携わる技術者・管理者は、戦略の進め方・考え方を学ぶのに参考になるだろう。

ここから先はBizTarget会員の方のみ、お読みいただけます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。