NIKKEI BizTarget

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

ログイン

会員登録

解説 日本ナショナルインスツルメンツ

徹底講座:IoTで行う産業機械のセンサ計測と予知保全

2017/06/16

資料の紹介

 製造業や建設業、電力業界など産業機械を扱う業種では、IoT(モノのインターネット)を利用して産業機械の予知保全を行う試みが進んでいる。予知保全を行うには、センサーを使って機械の温度や振動、電気信号を測定し、常にモニタリングしておく必要がある。また得られた生データはそのままでは膨大になってしまうので、意味ある情報に変換し重要データを抽出しなければならない。その後はビッグデータとして分析をしたり、機械の状態を検知したりして、処方を施すことになる。

 本資料は、産業機械の予知保全に関して、「業界を超えた協力体制の必要性」「計測時の課題」「計測後の課題」「ITとOTの統合」と4つのパートに分けて予知保全システムを構築するための課題を解説している。現場をよく知り、インダストリアルIoTシステムに関してアドバイスをしてきたNIのコンサルタントが、これまでに得たノウハウをまとめており、多角的な視点を提供している。IoTに関わるエンジニアやIoTを基礎から学びたいエンジニアに有益な情報になるだろう。

ここから先はBizTarget会員の方のみ、お読みいただけます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。