• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

解説

動作分析ソフトウエアで作業のバラつきを減らし生産性を30%アップ

ブロードリーフ

2017/07/31

資料の紹介

 「多品種少量生産が定着した結果、度重なる生産物の変更に現場の品質が追いつけなくなった」「コスト削減のため製造拠点は海外へ広がったが、全拠点で一定の品質を保つのが難しくなった」「人手不足で教育がままならず、熟練者の技能がうまく継承されない」など、今の製造業ではどこもこのような課題に直面している。

 本資料に紹介されている、組み立て中心のあるメーカーでも、同様の課題に直面していた。現状を分析したところ、作業者によって作業手順が違っていたことが分かったという。その後、同社が現場改善をして30%の生産性アップを果たすのだが、本資料では作業分析を容易にするソフトウエア「OTRS」を利用した改善プロセスが紹介されている。生産性向上を目指す製造企業のプロジェクト担当者・現場作業員には必見の資料だ。

ログインすると、資料が閲覧できます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

あわせて読みたい