• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

解説

本格導入前に知っておきたい、効果を最大化させるRPA導入のポイントとは?

TIS

2018/01/10

資料の紹介

 RPA(Robotic process automation)とは、PC上での人間の作業を記録し、処理フローに基づいて自動で再現する技術。ノンプログラミングで構築でき、トライアルも比較的安価で実施できることから、この1年ほどで多くの企業で導入が検討されている。

 しかし、RPAを本格導入するなら、考慮すべきポイントが多数存在する。一口にRPAといっても、ライセンス体系やツール構成などの要素から、複数のタイプに分けられる。もしトライアルで活用した製品が、社内で広く展開することを想定したライセンス体系でない場合、展開するほどにコストが嵩み、期待した投資対効果が得られないことも考えられる。ツールの特徴を理解し、利用用途や規模に合わせたものを選定することが必要だ。また、人の作業をそのままロボット化するRPAでは、些細な変更でもメンテナンスが発生するケースも。導入時にメンテナンス方式を決めておくことも重要だ。

 本資料では、RPAの導入にあたって必要な構想化のステップ、本格展開・導入をめざすアプローチについて解説。効果や限界を理解することが、実現性の高い展開計画の策定には欠かせない。

ログインすると、資料が閲覧できます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

あわせて読みたい