• ビジネス
  • xTECH
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

解説

経営者・管理職が学ぶべき「働き方改革」の実現と企業の風土改革

Sansan

2018/02/14

資料の紹介

 これまで慣習化してきた長時間労働やサービス残業、そして非正規雇用の増加や終身雇用制度の見直しなど、日本の労働生産性向上を阻害してきた要因を見直す動きが進んでいる。「働き方改革」に代表されるワークスタイル変革は政府や経済界のみならず日本経済の全体の問題として認識されるようになった。しかし、経営者や従業員といった改革の対象となる人々は、どうやったら改革が実現できるのか、正しく認識できているのだろうか。

 改革に向けての第一歩は「建前からの脱却」と説明するのはスコラ・コンサルトの創業者で、同社プロセスデザイナー代表を務める柴田昌治氏。長年にわたり日本企業の風土・体質改善を専門に行う柴田氏は、働き方改革の実現にあたって「まず経営者自身が変わることから始まる」と強調している。

 本資料では、働き方改革の実現にあたって求められる組織の在り方や、その働き方を改革するための取り組みの数々について柴田氏に説明してもらった。これからのイノベーション創造の原動力となる「働き方改革」を自分の会社でも実現したいと考えている経営者の方々にはぜひ読んでもらいたい資料だ。

ログインすると、資料が閲覧できます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。