• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

解説

ゴールデンウィークに消費者はどう動く? 大型連休前後の購買傾向を読み解く

CRITEO

2018/04/04

資料の紹介

 春の大型連休であるゴールデンウィークまで1か月を切った今、レジャーや旅行の予定に思いを巡らせている人も多いであろう。この貴重な連休をどのように楽しむか、多くの人々が関心を寄せている大型連休を前にして、消費者はどういう行動をするのか? Criteoでは大型連休前後の日本人の購買傾向についてまとめたレポートを発表した。

 Criteoが提供する本資料「ゴールデンウィーク 大型連休前後の日本人の購買傾向」は、日本の小売業者172社の売上動向をもとに「旅行」「求人」「量販店」「カルチャー系商品」の4つの分野を対象に調査を実施し、その調査結果をまとめたものである。調査結果からみえてくるのは、ゴールデンウィークのスタート前と連休期間中、そして連休終了後のそれぞれで、消費者の消費動向に大きな変化が表れていること。一般的に、大型連休前には消費者の消費動向が盛んになると言われているが、そうした消費者心理を狙った販促施策を効果的に提供できるかが、売上アップの大きなカギを握っているといえる。

 この資料は、これから始まるゴールデンウィーク商戦に向けて、消費者への効果的な販促施策を考えるうえでも重要かつ有益にはヒントになるだろう。

ログインすると、資料が閲覧できます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

あわせて読みたい