• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

組織を強くする!ビジネスを勝ち抜く!
企業向け製品・サービス選択支援サイト

解説

成長企業を目指すなら「表計算ソフトでの計画立案」を見直すべき!

Anaplan Japan

2018/05/09

資料の紹介

 企業のIT化はこの20数年で劇的なまでに変化してきた。基幹業務にERPやSCMが導入されることでデータの一元化が図れるようになり、企業活動に関する様々な実績データをリアルタイムで入手できるようになった。しかし、保管、蓄積されているデータを使って、これから必要となる計画立案を行おうとすると、そのデータの集計は表計算ソフトを使い、やり取りは電子メール経由で、という企業が多いのではないだろうか。

 急激なスピードで変換する市場や顧客のニーズに応えるには、実績データに裏付けられた計画値を基に、迅速な意思決定が不可欠。にもかかわらず、表計算ソフトや電子メールを使っていては企業競争力を高めるのは困難といえよう。

 本資料は、クラウド・プランニング・プラットフォーム「Anaplan」が提案する「表計算ソフトでの計画立案から移行すべき7つの理由」をまとめたものである。IT部門に頼ることなく導入や運用が可能なAnaplanは、企業が経営していくうえで必須の計画立案や予算作成を、迅速かつ効果的に実現できる。また、業務の生産性向上も図れることから世界各国のユーザー企業で数多くの高い評価を受けている。本資料は企業の経営者必読の資料だ。

ログインすると、資料が閲覧できます。

会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。会員登録がお済みでない方は、右下の「会員登録ボタン」をクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

あわせて読みたい